家のパソコンで5日間、流行りの仮想通貨を CPUマイニング してみた結果

【今流行の仮想通貨で CPUマイニング してみた】

昨年から数々の億万円ホルダーを生み出している『仮想通貨』
遅ればせながら、僕も参加してみる事にしました。

ただ、ご存知の通り、無職なので取引所で買うお金がありません。
でも手に入れる方法はないだろうかと思いました。

幾つかの仮想通貨には『マイニング』という方法で、仮想通貨を手に入れる方法があるのです。
マイニングとは、仮想通貨のシステムのメンテナンスを行う事で、一定の通貨をもらえるという方法です。
基本的には、パソコンなどの端末に専用ソフトを入れて置く事ができます。

ですが取引量や期間が増えればその分だけ膨大なシステムの消費を必要とし、有名なBitcoinに至ってはCPUでは追いつかず高速かつ大量の処理を行うためにGPUや専用の機械を作り行ってます。
ここまでくると、巨大な組織や国家単位で行っているようです。

ですが、世の中にはBitcoin以外の『アルトコイン』と言われる種類の数々の仮想通貨があります。
その通貨の中から、CPUでマイニングができる『Bitzeny』と言われる国産の仮想通貨をマイニングしてみる事にしました。

国産の仮想通貨ではモナコインが有名ですが、それに続けと今人気急上昇中の仮想通貨です。

【マイニングした結果】

仮想通貨をマインニングするには、機械が必要です。
うちのパソコンだけでは心もとないので、同じCPUを搭載した機械を借りる事にしました。
ただ、普通のサイト用のレンタルサーバーでは、独自のプログラムを動かす事はできません。
ですが、そういうことのできるサーバーを借りればいいわけです。

つまり『VPS』を借りました。
ですが、日本のVPSは基本値段が高いです。
なので、海外のVPSを探してみました。

そうしますと、日本のVPSよりも月額半額以下で借りられるVPSがありました。
そのVPSはこのVPSです。

TIME4VPS

リトアニアのVPSです。バルト3国のうちの一つで、ロシアの隣です。
北欧の近所ですね。

その中のサーバーですと、一番安いXSプランで月額3.99ユーロ(2018年1月20日時点約540円)で借りられます。
ただ、1ヶ月で借りるのももったいないので、安いXSプラン1年プラン29.88ユーロと2年プラン47.76ユーロ、それとXSプランよりもCPU数が多いMプラン1年62.88ユーロの3つを借りました。

これで、家でマイニングできる端末は以下のとおりになりました。

・ノートパソコン(i5-3317U メモリ16GB)
・VPS(Xeon2.4Ghz 512MG)
・VPS(Xeon2.4Ghz 512MG)
・VPS(Xeon2.4Ghz×2 1024MG)

CPUでマイニングするのですから、やはりヘボヘボノートパソコンよりも、Xeonが超高速で大活躍間違いないでしょう。
そう、心を踊らせながら、明るい未来を想像して、僕はマイニングをスタートしました。

そして結果がこれでした。


※注
user → ノートパソコン(i5-3317U メモリ16GB)
user1 → VPS(Xeon2.4Ghz メモリ512MG)
user2 → VPS(Xeon2.4Ghz メモリ512MG)
user3 → VPS(Xeon2.4Ghz×2 メモリ1024MG)

5日間稼働させました。
結果得られたのは14.33 Bitzenyです。
このサイトで調べました所、289.92円だそうです。

一日辺り、57.894円相当です。1ヶ月回せば1736.82円相当です。
ちなみにVPS代金は1ヶ月辺り1317円、ノートパソコンの電気代は500円です。
つまり、1736.82円相当の結果のために、1817円費やす事になりました。

赤字確定です。

【結論】

家庭内でのCPUマイニングはだめです。
VPSに使われているXeonは、コア数はCPUは1つや2つですが、プログラムを稼働させるスレッド数は数多くあります。
つまり、それだけ同時にプログラムを稼働させる事が可能な環境なのです。

ですが、結果として処理量がノートパソコンよりも少なくありました。
原因として考えられるのはメモリの少なさです。
ノートパソコンは16GBあるのに対してVPSは512MBもしくは1024MBです。
1/32もしくは1/16のメモリなのです。
一度の処理量が少ないため、結果としてノートパソコンに負ける結果となりました。
メモリ数の多いVPSを借りるとすると、XLプランで月あたり22.49ユーロ(3044円)かかります。
もう、実験と称して、これを1ヶ月借りてやってみる方がいいのかもしれません。
CPUも4つついてきますし、爆速を期待します。

ただ、期待だけかもしれないという不安もあります。
もしこれをしたら、後日また記事を書きます。
年間契約すると188.88ユーロ(2.55万円)というめちゃくちゃ懐が痛い内容になってしまいますが。

ああ、このVPS3つもどうしよう・・・
なにか別のことに使わないと損だよなぁ・・・

※追伸
GPUでモナコインもマイニングしてみました。
GPU一覧
・GeForce GT 710
・GeForce GT 730
・GeForce GT 730
※GeForce GT 730(6000円)を追加して買いました。12000円投入。

運用結果
2日間:0.011モナコイン(約9.74円分)
散々です。電気代にもなりません。

CPUでもGPUでも、家のパソコンそのままでのマイニングはおすすめしません。

~サーバー紹介~
Time4VPS.EU - VPS hosting in Europe
Time4VPS.EU – VPS hosting in Europe

※バナーが表示されないことがあります。

Time4VPSは申込みは英語です。
カードで一発決済ができますので、多少英語を読める方でしたらおすすめいたします。
今回はマイニングで使用をしましたが、日本のVPSよりも安い金額で利用ができますので、ぜひWEBサービスの検証や稼働用にご活用下さい。

数奇な運命に振り回されたミノルタ最後のフラグシップカメラ「 α-9 」

※注意:長くなります。熱く書きます。そして論理破綻します。以上ご注意下さい。
お高い猫

このエントリーはフィルムカメラAdvent Calendar 25日目の投稿です。
Advent Calendar最後の投稿の大役をお受けさせていただきました。
その最後の記事で多くのみなさんがもう忘れてしまったであろう今はもう亡き偉大なるカメラメーカー『ミノルタ』の事を書く事をお許し下さい。

【 α-9 の話を始める前に】

私『みこどん』のカメラ歴は2017年から遡ること28年前、11歳の頃からになります。
小学生の頃に見たミノルタα-5700iのCMが私の心に最初の灯火を灯しました。
忘れられず、そのままバイトのできる年齢になるまで時が過ぎ去り、高校時代にバイト代をはたいてある中古のカメラを買いました。
それは『α-7700i』というカメラでした。
α-7700i
α-5700iの上位機種です。

※とりあえず、ミノルタのCMを見て下さい。

生まれて初めて持った自分のカメラでした。
(生まれて初めて撮った写真はオリペンでしたけど)
その嬉しさは果てしなく、フィルム代や現像・プリント代で無尽蔵にお金がかかるのも気に留めず、写真を撮りまくりました。
ですが、その浮遊するような日々が突然暗転しました。
α-7700iを買って2週間後、『自転車で山に写真を撮りに行った』のです。山と言っても山林の奥深くではなく、故郷の山に造成したいわゆる『樹木公園・森林公園』というところです。
そこで、『自転車ごと転げ落ちていった』のです。
その後残されたのは、全治2週間の怪我とかろうじて直せる自転車とバイト代半年分の修理費を突きつけられたα-7700iでした。
高校の修学旅行1週間前の事故でした。
高校生みこどんは失意の中、修学旅行へと旅出るのでした。
(楽しかったです。普通に)

ですが、そこで諦める訳にはいきません。
再度資金計画を練り直し、再び一眼レフカメラを買うのでした。
それは、α-7xiです。
α-7xi
業界屈指のAF・AE機能に加え、『何故か勝手にフレーミングまで決めてくれる』という名機(※人によっては迷機っていいますが、世界初の試みです)です。
このカメラで、僕のカメラライフはまるでロケットエンジンを付けたかのように加速していきました。
この加速は、高校時代だけではなく、4年の浪人・専門学校時代を経て、2年間のカメラ屋(某郊外型全国チェーン)でのバイト時代まで続いていきました。
僕のカメラライフはまさにミノルタAマウントとともにあったということです。

【ミノルタの歴史に輝く『9』の文字は王者の証】

バイト時代まではまだ「9」シリーズは買えないでいました。
中古でも「9」シリーズは高値の花だったのです。
当時購入できたのはα-9000だけ。
しかも、カメラ屋で出た出物を店長にお願いしてその場で抑えてもらったものでした。

いろんな意味で、『α』の9シリーズは特別でした。
ミノルタのαで『9』の号をつけられたのは

・α-9000
・α-9xi
・α-9

だけです。

その性能もすざましく

α-9000

・α-9000:世界初のオートフォーカス機α-7000を『プロの意見を聞いて改良したもの』、実用的なオートフォーカス機能を持つ初のプロ用一眼レフカメラ

α-9xi
・α-9xi:世界初シャッター速度12000分の1秒を装備、超高速撮影を可能に。現在でもフォーカルプレーンシャッターにおいては世界最高性能。

α-9
・α-9:α-9xiの機能をヴァージョンアップし、野外戦に耐えられる剛性を装備

など、完全に『プロのためのプロのα』で爆走するカメラでした。
フィーリングからシャッター音、そしてピント精度まであらゆる点で別次元でした。
当時の各カメラ雑誌のプロ批評では軒並み『非常にいい機械』のお墨付きをもらい続けました。
そして実際、9シリーズで撮られた写真がカメラ雑誌を所狭しと飾っていたのです。

群を抜いた高性能で、まさしく『αの王者』でしたのです。

【待望された『α-9』だがその時カメラの世界では・・・】

『α-9』の登場は実は待ちに待ったものでした。
xiシリーズが出て、α-9xiがEOS-1やF4などプロ用フラグシップに肉薄しました。
ですが、各社EOS-1NやF5など投入をし、プロ市場を完全に支配するに至りました。
『EやFでなければカメラではない』
世界中のカメラはこの2つになっていたのです。
もはやα-9xiに勝てるのは、シャッター速度とスタイリッシュなフォルムだけでした。
このフォルムも実はプロの中で不評でこの再評価がされるのは遥かに時間を待たなければなりませんでした。

ミノルタはこの時、手をこまねいていたわけではありません。
世界中で大ヒットした名機α-707siを有していました。
準フラグシップ市場は、F2桁やEOS-5シリーズを完全に抑え切り、セカンドカメラとしての地位を確率していました。
実はここで多くの人が待たれていたのです。
『α-909si』の登場を。
ですが現実は、α-707siのブラッシュアップ版である『α-807si』が出たのです。
紙面上の評価は『悪くありませんでした』
あくまでも『悪くありませんでした』なのです。
先行されているフラグシップモデルには及びませんでした。

そして、『α-9』が発売されました。
ですが、時すでに遅しでした。
各社その牙城を維持したまま、自社のフラグシップの次世代機、EOS-1VとF6を投入したのでした。
まさに万事休すでした。
それから時代はデジタルカメラへと急速に移行し、ミノルタの『9』ははるか過去に流されていったのです。

【突然世界を閉ざされた『9』。でも確実に脈々と受け継がれる『9』の系譜。そしてついにKとNに追いついた。】

21世紀に入り、ミノルタのカメラは完全に力を失っていきました。
・投入できないフラグシップ
・独自マウントによるAPSモデルの失敗
・普及機のシェア衰退
・デジタル機の開発の遅れ
時は流れ、ミノルタは同じカメラ業界のコニカと合併をし『コニカミノルタ』となります。
カメラ業界的には『フィルム会社とカメラ会社の合併』と評されましたが、実態は好調だったコピー機・複合機業界の拡大のためでした。

結果として、ミノルタのカメラは2006年に撤退をしました。
(同年、コニカのフィムルもその姿を消しました。)

そして、ミノルタのカメラ・レンズの技術者は各社に散っていってしましました。
ですが、『カメラ事業そのもの』が消滅したわけではありませんでした。
皆さんも御存知のソニーが引き受ける事になったのです。
ミノルタ時代から『ミノルタのカメラ』を確立した多くの技術者がソニーに移りました。
ですが、そのまま引き継いだわけではなく、ある意味『一からの作り直し』だったそうです。
(そこら辺の話は、職業カメラマンや各社カメラーメーカー技術者から話を聞いていました。)

それからの『ソニーのα』の快進撃は皆様の知るところでしょう。
新たにEマウントを投入し、名実ともに『新たなα』としての成長を見せてきました。

2017年現在、そしてついにαの”9”は完全に、トップメーカーのフラグシップを射程に捉えたのです。

【ミノルタ最後にして最高のカメラは『α-”9”』だ】

ミノルタの歴史は『7』シリーズの栄光の歴史であったと言っても過言ではありません。
準フラグシップ機としては、間違いなく世界ナンバーワンカメラでした。
ですが、プロが使う世界としては必ず、『1位じゃないとだめ』なのです。
その類まれなる高性能な準フラグシップをベースとして9シリーズは送り出されてきました。
AF時代になってから、多くのカメラは10年を境に作動的寿命を迎える事が多いです。
作動機構が複雑になり、経年劣化と動作摩耗に耐えられないのが原因と言われています。
ですが、αの”9”シリーズは、α-9000から変わらぬ動作を維持しています。
正直、電子制御式でほぼ正常に動き続けるカメラというのは多くありません。
(手当の都合の良いものはありますが、ほとんどシャッターが壊れます)
その中で安定したAF/AE精度を維持し、現状としても使っていける電子制御式カメラと言えます。
これ以前のマニュアルカメラなどは、その中に精密な機構を備えていないため、非常に長く使えるものも多くあります。
(我が家に、ミノルタの『HI-MATIC 7s』という1966年製のレンジファインダーのカメラがありますがまだ動きます)
HI-MATIC 7s

これはデジカメにはない魅力で、デジカメの場合CMOSセンサーの耐久を超えると使えなくなります。

フィルムの販売が続く限り、この『長く使えられる』と言うのは優れたポイントになります。
この優れた耐久性の極みこそが『最後にして最高の”α”』たる所以と成るでしょう。
その証明は今されないかもしれません。
ですが20年50年と経過したその先に、最後にして最高のカメラは『α-”9”』だと認識される時代が来るでしょう。

僕だけはそう願ってます。

α-9シリーズ

Osaka Mix Leap Study #2 – UXの勉強会 に行ってきました。

UXの勉強会 Osaka Mix Leap Study #2 に参加してきた

UXとは・・・
『UXは ユーザーエクスペリエンス(User Experience)の略です。Experienceとは「体験、経験」を意味し、 UXとは「 ユーザーが製品・サービスを通じて得られる体験」を指します。』
(出展元:fellet『UIとは?UXとは?違いを理解しよう!』

UIはもともとわかっていたので特に気にしてませんでした。
(UI:ユーザーが触るところ)
ただ、UXが『ユーザーが体験するところ』に関して、いったいどのくらいの範囲が『UXなのか』という疑問もずっと持ってました。
今回のUXの勉強会への参加理由はまさに『みんなが感じるUXを知りたい』という点でした。

「ビッグデータとUX」とは・・・

ユーザーの体験とビッグデータのかかわり方の内容でした。

聞いていたら『そらそうだわな』って内容だったのですが、改めて
・ビッグデータが収集できやすい環境である
・ビッグデータをユーザーに役立てるデザインを考える
・ビッグデータ活用には複数のアプローチをする
ということを考えさせてもらいました。

ビッグデータに限らず、データ活用に関して苦慮している方は多いと思います。
・データそのもの活用法がわからない
・データを今のビジネスと整合させられない
・このデータに何の意味があるのかわからない
そこに、『ユーザーへの体験』という目線を持ち込むことで、実現できるサービスも多く誕生することでしょう。
その考えを止めないで、どのくらいデータを提供し続けてくれるユーザーにお返しできるのか、そこの事について考える機会になりました。

『こんなデータ集まってるんだけど、こうしたら楽しくね?』
最初はこのくらいの気持ちでいいんですよね?

「UXのためのチームビルディング」とは・・・

『UX』を行うためのチームの在り方の話でした。
ユーザーに提供するためのチーム作りについてということでしょうか。

現在個人で触っているので、チームと考えると今後の参考かなと思ってました。
ただ、ここで登場したのは『方向性』でした。

UXをデザインするには必要なスキルセットがあるとお話しされてました。
・スキル
・知識
・心構え

その中でも心構えは『考え方』『向き合う姿勢』に該当し、遂行するために軸になるということなのです。
どれだけ能力があっても『やる気持ち』がなければそりゃできるはずはありません。

改めて精神的な方向性の必要性を再認識しました。

「UIは細部が重要」とは・・・

UIそのものを考える内容でした。
UIそのものを考える上での手法や問題、活用できる学問など説明をされていました。

とにかく、『Yahooアプリいいぞ』は覚えました。

内容的には
・アフォーダンスとシグニファイヤの違い
・マテリアルデザインの問題
・デザインを理論で勉強
・認知心理学が必要
・ユーザーテストは忘れずに
・ヒートマップ使え
・使ってもらえ
などでした。

UIは現場主義だなぁという感じです。
それこそ、みんなの『UI体験』を集合知としてビッグデータとして取り扱うと、良いUXになるのかなと思いました。

UXの勉強会で”UX”を改めて意識しなおすきっかけに

ユーザーの体験として考えると、僕はお茶を中心に考えます。
最終的に体験して感じてもらわないといけないものだからです。
情報を渡して終わりでなく、そこからリアルに結び付けないといけません。
体験を『その熱まで伝えるにはどうするか』という点で、非常に有効な導線づくりの手法として、UXデザインという考え方はあるんだなって思いました。

ネットやリアルを融合できる、そんな『体験』の構築をできていければと思います。

有休中の活動について

有休中の活動について

2017年11月11日現在、まだ有休中です。
なので、離職票も届いてなければ職安で活動もしてません。

ですが、何もしていないわけではなくて、お声を頂いた所にお話・面接にいったり、イベントに参加したり、写真を撮ったりしてます。

転職活動については、基本的に1度に1社のみで受けております。
A社の答えが出るまでB社に受けることはないということです。
この年令ですので、ただ単に従業員として働きたいということではなく、相手のビジネスに自分が関われるのか考えながら受けてます。
なので、普通に考えれば非常に特殊な転職活動となります。
(通常、こういう例は人材バンクなどに登録してやるんですが、自分自身人様にアピールできるような実績がないと思ってるので、話を聞く形にしてます)
職安経由でこういう人が来たら、普通に怪しむでしょうね。
まあ、しますけど。輝かしい学歴も職歴もありませんので。

有休中と言っても寝てばかりいられません。
手足を動かし、刺激を与えることで、いろんな事にチャレンジしたいと思ってます。

地味にイベント参加などしてます

イベント参加は、先月から継続して行ってます。
急遽決まったWordFesなどが例です。
関西を中心ですがしばらく参加します。
何の役に立つかは知りませんが、とりあえず、自分で作る事を加速しようかと思ってます。
できなかったのではなくて、するための精神力がなくなってた状態だったのでしょう。
よくいう「MPがなくなってた」状態。
これを極力バランスのいい生活と適度な外部刺激で回復していきながら、幅を広げていこうと思ってます。

ITじゃないですが、『メジェドティーコージー』も手作りしだしました。
作って提供してをしばらくしたいと思ってます。

引きこもらない生活を意識して

今自分の部屋が、外界とは完全に隔離された状態にあります。
窓がありませんので、時間感覚がわかりません。
なので、作業を始めると、PCの時計のみが唯一の確認手段です。
イベントカレンダーを見ては、可能な限り参加をしようと思います。

併せて、秋というシーズンですので、紅葉も撮りに行こうと思ってます。
今年は例年より早めの紅葉です。(というか、例年が遅すぎて今年が普通なのです)
京都の紅葉を撮りに行き、写真のリハビリも加速させていこうと思います。

いろんなものを取り戻す活動となりそうです。
もう40なのですが、まだまだ挑戦していこうと思ってます。

無職期間も延長になったので、次は使わないPCをPythonの実験台にするかね?

WordFesに参ります

PCハリネズミ

10月28日に名古屋に行くことになりました

急遽なのですが、10月28日のWordFesに行くことになりました。
基本、関西から出ない人なのですが、急遽です。
こっそり行くのもなんなので、これを御覧頂いている方には報告をさせていただきたいと思います。

そういうわけで、名古屋イベント初進出です。
※初名古屋ではない。

個人的見どころ

個人的見どころは28日14:40 〜 15:00の5216教室で行われる
『リスティング広告とWordPressを活用した集客を考えよう』
です。
現職(2017年10日25日現在はまだ有給消化中)でリスティングをしている事がきっかけで興味を持ちました。
これからも、WEBを通じてマーケティングや広告に力を入れていきたいと思ってます。
そういう意味で、実際にWEB担として活躍してきた人の運用の話は興味深くあります。

WEBサイトは使われる道具であると思ってます。
作って終わりではなく、むしろ活用して動いてこそ初めて真価を発揮するもの。
そして見てもらう人との精神的距離を知覚していくものと思ってます。
そういう意味でも、非常に見どころではないかと思ってます。

WordPressのご縁はまだまだ広げたい

僕自身WordPressは詳しくありません。
ですが、困ったときにヒントになることを残してくれる方も多くいます。
そういう方の今に触れることで、より新しい知見と方向性を得ることができます。

自分ができなくても刺激になることは多くあります。
僕はまだまだWordPressのご縁を広げていきたいと思ってます。